米寿のお祝い時期はいつ?

米寿のお祝いは、88歳の方をお祝いするイベントです。
お祝いをいつするかは、時代や地域によって、さまざまな取り決めがあるようです。

 

 

年齢の数え方には2種類あります

「数え年」と「満年齢」。
お祝いの時期は、そのどちらかになります。

 

昔は、「数え年」で年齢を数え、そのタイミングでお祝いをしていました。
数え年というのは、生まれた時が1歳。
以降元旦の1月1日を迎えるごとに年齢が加算されていきます。
誕生日は関係ありません。

 

例えば、12月31日生まれの人は、翌1月1日には2歳になるわけです。
なので数え年の場合、1月1日に88歳となり、お祝いします。
つまり、その年のお正月期間中に親族や仲の良い知人で集まり、米寿を迎えられる方をお祝いすることになります。

 

最近の傾向

最近は「数え年」ではなく、「満年齢」で年齢を数え、そのタイミングでお祝いをするほうが一般的になってきました。
米寿を迎えられる方の誕生日が来たら88歳と数えて、そのタイミングでお祝いします。

 

誕生日が、「お正月」「ゴールデンウィーク」「お盆」など、親族が集まりやすい時期であればいいのですが、そうでないことの方がが多いですよね。
その場合は無理をして親族を集めるのではなく、みんなが集まりやすい時期を決めて、お祝いをすることが多くなっています。

 

 

いつお祝いをする?お祝いの時期

米寿のお祝いの時期を検討する際には、「満年齢になるタイミングを中心として、家族が集まりやすい時期に開催する」。
という形で取り決めてみてはいかがでしょう?

 

米寿を迎える方からしても、普段離れて暮らす家族が一同に集まってくれることは、非常に嬉しいことです。
「米寿を迎える方が喜んでくれること」を第一に考え、お祝いする時期や内容を決めてくださいね。

 

 

知っておくべき米寿祝いの関連記事

もっと米寿の祝いのことを知っておこう!

 

2018年米寿プレゼントランキング、今人気の贈り物はコレ!
米寿祝いにプレゼントはプレゼントがつきものです。
でも何を贈ったらいいのか、よく分かりませんよね。
2018年の米寿プレゼントの傾向をチェックしてみてください。

 

 

米寿のお祝い金の相場は、だいたいこれくらいです。
みんなは米寿のお祝いにどれくらいお金を使っているの?
多すぎ、少なすぎ?
相場は知っておきましょう。

 

 

米寿のお祝いのメッセージ例文
遠方に離れて暮らすお祖父ちゃんお祖母ちゃんに贈るメッセージ。
プレゼントに添えるメッセージ、贈る言葉。
参考にしてください。