恩師の定年退職祝い記念品

小学校・中学校・高校・大学で、お世話になった恩師が定年退職を迎えたら、ご自身の受けた恩を返したいのはもちろんのこと、長年の功績をたたえるためにも、何か贈り物をしたいところです。
恩師の定年退職祝いにはどのような記念品が良いのでしょう?

 

 

メッセージ性

恩師の第二の人生の門出です。お世話になった生徒からしてみれば、メッセージ性が高い物を贈りたいもの。
メッセージを刻み込めるプレゼントなどを用意するのも喜ばれると思います。

 

以前は、メッセージや名前を入れれるグッズはさほど多くはありませんでした。
今では作業工程が比較的に容易になったことや、グッズのラインアップが増えたことで、恩師の定年退職にも向いたプレゼントがいろいろと存在します。

 

具体的な記念品
  • 依頼者の文章や言葉を元に書道家が書きしるし額に入れた書
  • 詩やイラストと共に先生の名前をいれたオーダーメイドの詩
  • メッセージや名前を入れて焼かれた陶器プレート

などはメッセージ性が高く、オススメ。特に陶器プレートは贈り物としては珍しく、他の方からのプレゼントと被る可能性が少ないです。

 

フォトフレーム

続いて恩師の定年退職祝いとしては、長年の思い出を飾ることができる「写真たて」「フォトフレーム」などもお勧めです。

 

写真たての場合

一つの写真のみを飾るのではなく、複数枚を飾れるやや大きめの種類を選びます。

 

フォトフレーム

先生が多少のデジタル機器を使いこなせて、デジタルカメラをお持ちの場合には、定年退職祝いとしてフォトフレームをプレゼントしても大変に喜ばれるでしょう。
学生時代の先生との集合写真なんかも、デジタル加工して、セットしておくのもいいですね。

 

定番の、外さないプレゼント

外さないプレゼンというと、花束です。
定番ですから、外すことはありません。
男性の先生にも女性の先生にも贈れます。
同級生複数人でお金を出し合ってプレゼントするのもいいですね。

 

先生の花の好みが分かっているなら、それを贈るのが一番。
分からない場合は、お花屋さんに「先生の定年退職のお祝い用に」といえば、選んでくれますよ。

 

寄せ書き

お金のかかったプレゼントや豪華な贈り物より、教え子たちが立派に成長した姿を見せてくれて、門出を祝ってくれる方が先生は嬉しいものです。
あまり高価なプレゼントをもらうと、かえって恐縮してしまうこともありますから、金額よりも心をこめたプレゼントを贈りましょう。

 

お金がかからず、心がこもったプレゼントって何?って話ですが、例えば「寄せ書き」です。
学校の先生が、教え子たちからもらって嬉しいプレゼントのひとつになります。
寄せ書きは書く言葉、文字、字体によって、性格が色濃く出るものです。
生徒たちの成長の跡もうかがえます。
先生にとって、これほど嬉しいプレゼントはないでしょう。

 

 

退職祝いの渡し方

教え子たちがお食事会を開き、そこで渡すのがいいでしょう。
心のこもったプレゼントを心がけてください。

 

 

 

 

 

今人気の定年退職祝い

2017年、今人気の定年退職祝いをランキングでご紹介。定年退職のプレゼントに迷ったら、参考にしてください。