定年退職祝いに寄せ書き

退職祝いに何を贈るか頭を悩ませているなら、心のこもった寄せ書きもグッド

 

退職祝いには、何か商品を購入してプレゼントするのが一般的です。
定番の贈り物としてお花なんかがあります。
ただ、好みの物とは違う物をもらってもあまり使う機会はありません。
お返しを考える人もいるので、気を使わせるのも考えものです。

 

 

その点、皆が手書きで書いた心のこもった寄せ書きはいい贈り物になりますよ。
今やデジタル時代。電話やメールで簡単に用事が済みます。
なので、手紙を書く事もほとんどありません。
そういった時代ですので、感謝の気持ちやねぎらいの言葉を伝える方法として、寄せ書きが喜ばれるんです。

 

寄せ書きの書き方

最低限のマナーである

  • 丁寧語にする
  • 無難な内容にする
  • できれば具体的エピソードを盛り込む

を守れば十分です。

 

特に、無難な内容にするという点ですが、暴露話やきわどい言葉は絶対に書かないように。
というのも、色紙は自分だけではなく、他の同僚や先輩も見るもの。
上司に恥をかかせてしまう可能性もありますからね。

 

そういったリスクの高い話は寄せ書きではやめておきましょう。
具体的エピソードを盛り込むのは、そう難しくはないと思います。
上司にしてもらったこと、教えてもらったことなどを思い出して、それを言葉にしてください。
きっと上司はいつまでも、あなたのことを忘れないでしょう

 

色紙

色紙は真っ白や無地の物でも良いですが、せっかくなら中央に上司の似顔絵のある色紙はいかがでしょう。
ものすごく特別感が出ますよ。
似顔絵色紙は今とっても人気がある色紙サービスです。
もちろん、似顔絵イラストの周りにはメッセージを書くスペースもたっぷり。
たくさんの人にメッセージを書いてもらうことができます。

 

または、顔写真入りのオリジナル色紙を作成して、メッセージを入れるのもいいでしょう。
印刷は簡単です。
いい記念になりますよ。

 

業者

今は退職祝いやほかのお祝い用に、寄せ書きを作成してくれる業者もあります。
そういった業者に依頼して本格的な寄せ書きを作成するのもいいと思います。
テンプレートを参考にして、自分たちで手作りしてもよし。額に入れておけば、そのまま飾れます。

 

デザインは業者によって違いがあります。
印刷ではなく手書きを優先するところもあるので、いろいろなデザインを比較してみましょう。
定年退職祝いに寄せ書きを贈るのは、とってもいい記念になるはずです。

定年退職する人へ職場で色紙に寄せ書き、何を書けばいい?

職場の人が定年退職する場合、職場で色紙に寄せ書きをすることはよくあります。
そうした時には、何を書けばいいのでしょう?

 

定年退職する人を送り出す際、職場のみんながメッセージを書いた寄せ書きを贈ることはよくあることです。
寄せ書きというのは、素敵なプレゼントになるもので、退職後ふと読み返した時、思い出にふけることができます。

 

しかし、いざ色紙に寄せ書きを書くとなると、何を書けばよいのか困ってしまうことも。
特にそれほど親しくない人の場合、どうしても月並みな言葉になってしまいがちです。

 

困った時は

その人の良いところを思い出して書くといいです。
褒め言葉を書くように。
褒め言葉なら他の人と重なったとしても、貰った人がいやな気持になることはありません。

 

寄せ書きに書く内容に決まりはないので、仕事上で思い出されるその人に関するエピソードを思いつくままに書きましょう。
職場での色紙の寄せ書きはたくさんの人が書くことになります。
だから、「祝定年おめでとうございます」とか「新たな船出を祝福します」など短めの言葉でもかまいません。

 

寄せ書きを書く前に退職後の予定を確認しておけば、メッセージが書きやすくなります。
定年退職後も働く人には、健康と今後のさらなる活躍を祈念して言葉を添えると良いでしょう。

 

定年退職する人に寄せ書きを書く時は、特に難しく考える必要はありません。
かしこまった言葉ではなく、心をこめて書いた寄せ書きを贈る方が感動してくれます。

今人気の定年退職祝い

2017年、今人気の定年退職祝いをランキングでご紹介。定年退職のプレゼントに迷ったら、参考にしてください。