退職祝いに送る手紙

退職祝いも様々な形があります。
直接感謝の気持ちを伝えられない相手や、少し照れくさくて直接言えない場合は
感謝の手紙を送ってみてはどうでしょう?

 

今はインターネットの時代。
お祝いメールという方法もあります。
でも、やはり手書きの手紙には温かさがあって、感謝の気持ちも伝わりやすくなります。

 

送る相手

退職祝いに送る手紙といっても、相手が父親や祖父など身内の場合もあれば
会社の上司や知人と関係などもあって、実に様々です。
退職する人と自分が、どのような関係かによっても
手紙の書き方のマナーは変わってきますので、覚えておきたいですね。

 

家族や親族に手紙を書く場合

特に文面や言葉遣いを気にせず、素直に気持ちを伝えてもいいでしょう。

 

上司や知人の場合

少し改まった書き方をします。

 

マナー

「退職祝いの手紙の書き方の本」にあるような定型文を使ってもいいのですが
自分なりの感謝の言葉なども盛り込むと、相手にも気持ちが伝わりやすくなります。

 

改まった手紙の場合は、書き出しは謹啓や拝啓、終わりには敬白と付けるのがマナーです。
手紙の最後には日付も入れておきましょう。

 

郵便で送る場合は、封筒の裏に自分の住所と名前を書きます。
直接手渡す場合には、日付の下に自分の名前も入れておくといいですね。

 

手書き

最近は何でもメールで済んでしまいます。
手書きの手紙を書く機会も、もらう機会も少なくなりました。
なので、たまに手書きの手紙をもらうと嬉しいですよね。

 

手書きは気持ちが伝わりやすいので、字が下手でも丁寧に心を込めて書いてみましょう。
きっと受け取られる方も喜んでくれるはずです。

今人気の定年退職祝い

2017年、今人気の定年退職祝いをランキングでご紹介。定年退職のプレゼントに迷ったら、参考にしてください。