父親の定年退職祝いの品物

長年働きに出ていた父親が定年を迎えることになったとき、
定年退職祝いの品物・プレゼントにはどのようなものを用意するとよいのでしょうか。

 

まず退職をするにあたり、それ以降は働きに出ず隠居に入るのか?
または再雇用として働き続けるのか?
このあたりについて確認しておく必要があります。

 

近年では、いわゆる団塊の世代の大量離職に伴い、現場では貴重な人材の流出が相次ぎました。
加えて経済情勢の先行きに懸念を持つ中、定年以降も働こうと考える父親も非常に多くなります。
そこで、退職か?新たに働き始めるか?によって
どのような品物をプレゼントを選ぶべきかが多少変わってきます。

 

これから先もまだまだ働く方には

新しい仕事に役立つ品物がお勧めです。
今まで使っていた物よりも通勤しやすい軽量カバンやリュックサック
お勤め先が近隣であれば自転車などを贈るのでも良いでしょう。

 

完全に隠居に入る場合の定年退職祝い

この場合も前向きに新しい生活を楽しむための品物を選ぶと喜ばれます。
以前は定年といえば即年寄り扱いされるものでした。
でも今では、子供世代よりも遥かに元気で活発なお父さんも多いです。

 

お父さんの趣味を踏まえてプレゼントを考えるのでも良いですし
時間的な余裕ができることから、旅行券などをプレゼントするのもいいですね。

 

海外旅行

少し前まで、旅行は安・近・短を求めることも多かったのですが
景気が徐々に回復する中、小旅行ではなく
海外旅行など時間やお金をかける旅行スタイルが好まれています。
特に定年退職祝いは、第二の人生の幕開けです。
なので、おすすめのプレゼントになります。

父親の定年退職に贈るメッセージ文例

父親が定年退職を迎えた場合、子供や母親などの家族は
これまでの長年にわたる感謝を言葉にして伝えたいところです。
でも、人によってはどこか照れや恥ずかしさを感じたり
また普段言い慣れない言葉に思わず口をつぐんでしまう場合もあります。

 

こうした人生の節目はそうめったに訪れるものではありません。
後になって、「なぜあの時感謝の言葉が言えなかったのか」と後悔することも多々あります。
自身の言葉でなくても、手紙にしたり、プレゼントに名前と共にメッセージを刻み込むなどして
あなたの気持ちを伝えたいですね。
では、定年退職した父親に、どのようなメッセージを伝えればよいのでしょう?

 

父親への一般的な文例

長年ありがとうございます。そしてご苦労様でした。
これからもまだまだ長い人生ですが、新しく迎えた第二の人生を謳歌してください。
普段はなかなか言えない感謝の気持ちをお伝えします。
定年退職のお祝いに○○を用意しましたので是非ともお受け取り下さい。

などのように丁寧に感謝の気持ちをつづると良いでしょう。

 

実家に帰れない方の場合

感謝の気持ちとともに、ご自身の近況やお孫さんについても報告をすると
大変に喜ばれます。

 

プレゼントに名前と共にメッセージを刻み込む場合の文例

上記のメッセージよりもさらに短くまとめる必要があります。
一般的な文例としては、

 

長い間家族を支えるために頑張ってくれてありがとう。
定年まで勤め上げたお父さんに感謝しています。

などの文章が挙げられます。

今人気の定年退職祝い

2017年、今人気の定年退職祝いをランキングでご紹介。定年退職のプレゼントに迷ったら、参考にしてください。