定年退職祝いにお花を贈るなら

定年退職は人生における一つの終焉ですが、一方では新しい門出をお祝いする場です。だから、男性女性に関係なく、お祝いの象徴でもあるお花は贈りたいですね。

 

 

一般的に日本人は、普段からあまりフラワーギフトを贈りあう習慣はありません。特に男性は照れがあって、贈るのも受け取るのも恥ずかしがる傾向にあります。

 

ですが、やはり新しい人生の門出には、美しい彩りのお花の存在は欠かせないもの。お花を贈るのをためらっているなら、まさにお祝いに華を添えますよ。お花を贈られてはどうでしょう?それでは定年退職祝いのお花の選び方です。

 

お任せする

フラワーギフトに詳しくない方は、生花店にお願いして任せることも一つの手段です。その際には事前に予約を入れておきましょう。予約では、どのような定年退職のギフトであることを伝え、予算や色合いなどについても要望を伝えておきます。

 

事前に贈る相手の好きお花をリサーチできれば良いのですが、好きな色合いなどをリサーチしておくだけでも良いでしょう。

 

定年退職は一般的に花束を用意することが多いのですが、それ以外にもフラワーアレンジメントや鉢花などを贈るのでも良いですね。特に鉢花に、マナー上の問題があるわけでもありません。

 

奥様に

また退職される方が花などにあまり興味がなくても、ご家庭で内助の功として支えてこられた奥さまにお渡しになることを考え、それを前提にして、奥さまが好みやすいものでギフト選びをするのでも良いと思います。

退職祝いにプリザーブドフラワー

生花もいいのですが、生花は数日で枯れていってしまうので、お花を贈るならブリザードフラワーもおすすめ。生花に特殊な加工を施すことで、数年間は綺麗な姿が持続します。

 

今はブリザーブドフラワーの技術もすごく進歩していますから、いろんなバリエーションが選べます。それに、水やりなどの手間がかからず、もらった人の負担にもなりません。花束の形のまま花瓶に飾っておけば、長い間、鑑賞できますからね。

 

形も色々です。アレンジメントフラワーのタイプや、ケースの入ったものもあります。花びら以外の葉の部分も特殊加工が可能なので、最近はリースタイプのブリザーブドフラワーも人気です。

 

男性向け

お花を贈るのは、女性向けのプレゼントって、イメージもありませんか?でも、そんなこともないんですよ。お花の色も加工ができるので、男性向けブリザーブドフラワーを作ることもできます。

 

それにバスケットに入れたり、ガラスの容器に入れたりと装飾も様々。いろんなアレンジが選べます。男性に贈る場合も家に持ち帰り、長く飾っておけるので、いい記念です。

 

目的に合わせて雰囲気や色合いも選べます。定年退職、結婚や出産での退職などデザインを選べるところも人気の理由です。何を贈っていいか、贈り物に迷った時は、ブリザーブドフラワーもいいですね。

今人気の定年退職祝い

2018年、今人気の定年退職祝いをランキングでご紹介。定年退職のプレゼントに迷ったら、参考にしてください。